• ホーム
  • ハイドロキノンや脱毛症は病院で治療、脱毛レシピも有効

ハイドロキノンや脱毛症は病院で治療、脱毛レシピも有効

顔を洗っている女性

全国には様々な美容皮膚科がありますが、保険診療による治療が受けられるところもあれば、自由診療を提供している医療機関も多く存在しています。
美容皮膚科で受けられる自由診療として、ハイドロキノンを使用したシミ治療があります。
ハイドロキノンはメラニン合成酵素の一種であるチノジナーゼを阻害する医薬品で、メラニン色素を生成するメラノサイトを減らす効果があることがわかっています。
肌のシミは表皮の深層におけるメラニン色素に新着することで、メラノサイトを生成します。
ハイドロキノンは、メラノサイト内のチロシンから作られるメラニンの生成過程を阻害することができるので、シミ治療に有効性の高い医薬品と考えられています。
美容皮膚科では、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療が受けられるところも多くなっています。
男性型脱毛症の場合には額の生え際や後頭部が薄くなっていくことで、抜け毛や薄毛が進行していく症状が現れます。
AGAに関しては薄毛の原因となる物質を阻害できるフィナステリドを配合している医薬品の、プロペシアを処方してもらうことが可能で、プロペシアを定期的に服用することで抜け毛の進行を防ぐことができます。
また、巷では円形脱毛症の対策となる脱毛レシピが数多く作られており、髪の毛の生成に良いとされているひじきのサラダや切干大根の煮物などの料理が注目されています。
脱毛レシピとして開発されているひじきのマヨサラダでは、髪の毛の良い食物であるひじきや、タンパク質が豊富に含まれている豆が使われています。
脱毛レシピで挙げられている切干大根の煮物では、鉄分やビタミンCが豊富なために血行を良くすることができて、薄毛の改善に役立ちます。

関連記事